インストラクター働き方

RYT200後|ヨガインストラクター働き方|これからは副業がオススメ!

ヨガインストラクター 働き方

 

こんにちわ。

最近やっと、新型コロナウィルスの感者数は減ってたものの、未だ緊急事態宣言は解除されず自粛生活は続いています。

コロナ禍、私たちインストラクターも大きな影響を受けているのが現状。

世界中リモートワークが増え、良くも悪くも、働き方が変わってきたことは確かです。

RYT200のライセンスを取得したけれど、その後、「ヨガインストラクターとしての働き方がわからない」「ちょっと不安」という方も多いのでは?

今回は、私の実体験も交えて、ヨガインストラクターの働き方についてシェアさせていただきます!

私の場合、ずっとフリーランスで、副業としてインストラクターをしています。

RYT200取得後、ヨガインストラクターとして働くことを考えている方の参考になればと思います。

 

ヨガインストラクター 働き方

ヨガインストラクターの働き方として、社員またはフリーランスとして働くか二通りです。

ヨガインストラクター働き方:雇用形態

①正社員

➁フリーランス(個人事業主)

  • ヨガスタジオやフィットネスクラブ、運動施設、カルチャーセンター

  • 派遣

  • オンライン(オンラインレッスン、YouTubeなど動画発信)

  • 自宅開業、貸しスタジオ

 

 

①正社員

正社員で働く場合は、レッスン以外の業務も行うことになる。

営業や運営に関わる事務的な仕事から接客や掃除など業務内容は幅広い。

正社員のメリットは、社会保険や福利厚生の完備。

休暇や有給休暇もあり、月給制で収入も安定。

ホットヨガの求人は正社員で募集しているところが多いですね。

また、未経験でも、働きながら研修を受けてライセンスを取得できるところもあるようです。

 

➁フリーランス

フリーランスのメリットは自分のペースで働けるということ。

稼ぎたければ仕事を増やせばよいし、土日だけ、平日の昼間だけというように、時間や場所はライフスタイルにあわせて仕事ができます。

 

フリーランス働き方:ヨガスタジオ、フィットネスクラブ、カルチャーセンターなどの運動施設

 

比較的、募集があるのは

  • 土日、早朝、遅めのラストのクラス
  • 新規オープンのスタジオ
  • レッスンスケジュールの変更時

空きが出やすいので狙い目です。

 

フリーランス働き方:派遣

ヨガやフィットネス関連のインストラクターを派遣する会社に登録して、お仕事を紹介していただくシステムです。

すぐに条件に合った紹介先がなくても、イベントや代行の依頼もあるので登録だけでもしておくといいと思います。

派遣先(出張先)はフィットネスクラブから医療機関、カルチャーセンター、会社企業など様々です。

 

フリーランス働き方:オンラインレッスン

新型コロナウィルス感染予防をきっかけに、自宅でオンラインレッスンを開催するインストラクターも最近は増えてきました。

最大のメリットは、空き時間を有効にマイペースでレッスンができる事。

参加人数や料金も自分でプランを立てることができます。

オンラインレッスンをするには、自宅のネット環境を整えておくことが必要。

住んでいる地域や建物(マンション)によってネット回線が引けないところもありますので、事前に電波の確認をした方がよいですね!

自宅とはいえ、あまり生活感の出ない部屋のスペースも確保したほうがよいです。

YouTubeやSNSを利用して動画配信してゆくのも、今後の働き方として、何かのきっかけに繋がるかもしれません。

 

フリーランス働き方:自宅開業、貸しスタジオを開く

自宅に広いスペースがあれば自宅開業、またはレンタルスペースを借りてレッスンをする働き方もあります。

顧客管理や宣伝等、すべて自分でやるので、経営のノウハウを学んでおくとよいでしょう。

スタジオ以外に、カフェやお寺など空きスペースを提供してくれるところもあるので興味があれば調べてみるのもいいですね

※コロナ感染予防対策で中止していることもあります。

 

報酬

フリーランスで働く場合は、オーデションを受け、採用が決まったら業務委託契約を交わし、1レッスン○○円の報酬として収入を得る働き方になる。

業務委託の場合、交通費は支給するところと、しないところがあります。

フィーは契約更新時に、集客数や代行の頻度、貢献度など査定があり、評価によりレッスンフィーが変動することも。

また、今回のような緊急事態でレッスンがクローズになっても保証はない(今回は政府からの給付金がありましたが)

とはいえ、ヨガインストラクターに限らず、フリーランス(個人事業主)で働くということは、どの業界も同じ事が言えると思います。

 

スケジュールの管理

レギュラーレッスンや代行など、スケジュール管理は大事。

慣れてくるとスケジュールの調整もしやすくなるので、自分のペースがつかめるようになります。

一日のスケジュールが、スタジオを掛け持ちして移動する場合、移動時間を考えてスケジュール管理をしないと時間にロスができてしまう。

一旦、家に帰るには時間がないし…ひたすらどこかで重い荷物を抱えて時間を潰しすしかないようスケジュールの管理をしましょう!

 

各スタジオごとに契約内容を確認

私が契約しているフィットネスクラブでは、半径3kmの範囲で同業の施設と契約してはならないという業務委託契約もあるので契約する前に確認するといいですね。

交通費や代行の出し方など、クラブやスタジオごとに違います。

 

実際の体験談

私の長いインストラクター経験から、ヨガスタジオやフィットネスクラブで働く場合、自分の入りたい時間帯にスケジュールの空きがあるとは限りません。

つい最近、実際にあった私の体験談ですが、昨年10月にオーデションを受けて、採用が決まりました。

契約する段階で「レッスンに入るのはいつからですか?」と、質問したら

「スケジュール変更は4月になるので、それまで代行要員としてお願いします」といわれ…えっ~!!

採用が決まったので、私もそれなりのスケジュールを計画していたので、この成り行きにショックでした。

改めて他の求人募集をチェックしていたら「採用が決定してもレギュラーレッスンの確約ではありません」と要件欄に記載しているところを見つけました。

おそらく、今後の働き方として、オーデションに合格して採用が決まっても、すぐにレギュラーレッスンを持てない事があるかもしれません

 

 

オススメは、副業でヨガのインストラクターとして働く

私のオススメは、副業としての働き方!

私自身、ずっと副業でインストラクターをしています。

ずっと正社員で働いていた方にとって、いきなりフリーランスで働くのは不安がありますよね!?

最近は「働き方改革」で、企業によって副業を認めている会社も増えています。

今の職場が副業を認めているのであれば、仕事を続けながら、二足のわらじで、土日や祝日にヨガインストラクターの活動をする働き方もありです。

もちろん、残業が少なく、決まった時間に仕事が終わるなら、平日の夜にレッスンをするのもOK!

先にもお伝えした通り、土日はインストラクターの募集が多いです。

最初は仕事の本数を確保するのは難しいので、収入に不安があれば、派遣社員やアルバイトなど、他の仕事とあわる働き方を検討してもいいですね。

 

まとめ

 

ヨガインストラクターで働くための第一歩はオーデションを受けに行くことから!

まずはヨガインストラクター求人情報サイトを検索してみよう!

求人サイト以外にも、ホームページでヨガインストラクター募集項目があったりします。

気になるヨガスタジオがあればホームページをチェックしてみてもいいですね。

自分のライフスタイルにあった働き方で、ヨガの魅力を伝えてゆきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

NORIKO