トレーニングの原則

「トレーニングの原則」を活かして効果を上げる!7つの原則とは…。

「トレーニングの原則」を活かして効果を上げる!7つの原則とは…。

 

こんにちは。

あなたは、何か運動をしていますか?

筋トレ、ヨガ、ランニング、水泳、ダンス、または、サークルに参加して、球技など…。

運動の目的は、人それぞれだと思います。

「トレーニングの効果を上げたい」「上達したい」「向上したい」のであれば、

トレーニングの原則を知ることで、更に運動効果を期待することができます。

 

 

トレーニングの原則

  1. 過負荷(オーバーロード)の原則
  2. 漸進性の原則
  3. 反復性、継続性、または可逆性の原則
  4. 特異性の原則
  5. 自覚性または意識性の原則
  6. 個別性の原則
  7. 全面性の原則

 

 

過負荷(オーバーロード)の原則

体力を向上させるには、日常生活で発揮しているよりも高い運動強度でトレーニングを行わないと、体力は増加しません。

運動強度や持続時間を増やし、日常動作より負荷をかける必要があります。

「いつも同じ」「体がラク」では、運動効果に期待が持てません。

 

トレーニングの原則 ダンベル

漸進性の原則

トレーニングの強度やトレーニング量、競技力などを段階的に増やしていくことです。

筋力や体力に応じて、徐々に強度を上げ、負荷を増やすことにより、レベルアップします。

少しずつ負荷を上げることで、怪我や障害の予防にもなります。

いつも同じ強度の繰り返し運動では、向上しないのです。

 

 

反復性、継続性、または可逆性の原則

トレーニングの効果は、1回だけでは得られません。

長期間に渡ってトレーニングを続けることにより、効果を期待することができます。

また、可逆性の原則は、反復性、継続性の原理を逆の方向から表現したもので、トレーニングを中止すると体力は低下します。

実際に、この「可逆性の原則」を実感した方は多いと思います。

日頃から継続的に運動をしている人でも、怪我や所用で暫く運動を中止した場合、運動を再開した時には、体力が落ちていることを身を持って体験した方も多いのでは⁉

継続は力なり!

続けることが大事です。

 

特異性の原則

トレーニング効果は、「トレーニングをしたようにしか高まらない」ということです。

例えば、長距離走のマラソンランナーが、短距離走のトレーニングをいくら頑張っても、記録は伸びません。

柔軟性を高めたいのに、筋トレばかりでは、筋力は向上しても柔軟性の効果は得られません。

つまり、「トレーニングをしたようにしか高まらない」ということです。

また、お相撲さんは大きな体、水泳選手は逆三角形、競輪選手は太い太腿など、種目や運動競技に有効なトレーニングをすることで、体型もそれ特有の体つきになります。

 

自覚性または意識性の原則

トレーニングを行う上で、目的や意義を理解しておくことで、効果が得られやすくなります。

忙しい現代人にとって「時短」を優位に「~ながらトレーニング」なども流行っていますが、「今、どこに利いているのか、どの筋肉が使われているか」意識をむけてトレーニングすることも大切。

テレビに夢中になりながら100回の腹筋をするよりも、腹筋に意識を向けて、集中して30回の腹筋をトレーニングした方が効果があります。

トレーニングの原則 腹筋

個別性の原則

例えば、性差、年齢、体力や健康状態などを考慮して、個人差に応じたトレーニングを組むことが重要。

運動する目的がはっきりしていて、効果に期待するのであれば、グループレッスンよりもパーソナルトレーニングの方が良いです。

 

全面性の原則

筋力・持久力・柔軟性をバランスよく取り入れたトレーニングを実施することが理想的。

柔軟性があっても、筋力がなかったり…。

腹筋ばかり鍛えて、背筋のトレーニングを怠ったり…。

偏ったトレーニングや運動を繰り返し続けてゆくことで、体の一部にストレスが加わり、障害が発生しやすくなります。

全身バランスよくトレーニングすることが大切です!

 

まとめ

「トレーニングの原則」は、筋トレなどのレジスタンストレーニングに限らず、いろいろなジャンルの運動に当てはまります。

「~ながら運動」など、やみくもに運動するよりも「トレーニングの原則」を知り、活用してトレーニング効果を高めてゆきましょう!

 

運動している方は、是非、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。