RYT200試験 ~実技編~ 対策とアドバイス

RYT200試験 ~実技編~ 対策とアドバイス

 

今日は、RYT200(全米ヨガアライアンス)の試験対策について、養成コースを受講中の皆様にアドバイスできればと思います。

私がRYT200のライセンスを取得したのは、YMCメディカルトレーナーズスクールの新宿校。

卒業後は、インストラクターとしてヨガのレッスンを担当しています。

私のレッスンには、RYT200コースを受講中の方が多く参加され、よくこんな質問をされます。

「RYT200のテストって難しいですか?」

「RYT200のテストで実技試験は何をしてよいかわからない!」

「ヨガの解剖学が難しい、覚えられない!」

など…。

授業以外で聞きずらい事、わからないことってありますよね!?

「人の前にでて指導するなんて緊張しちゃう」

「ドキドキしてうまく言葉が出ない」

なんて試験を前に心配しているのでは?

 

今日はそういったRYT200の試験対策について、テスト内容ではなく実技試験対策のポイントやアドバイスをお伝えしてゆきます。

あくまでも私のアドバイスです。

RYT200の実技試験の内容や注意点などは、養成コースにより異なるので、詳細については必ず受講先に確認をとってくださいね!

 

RYT200とは…

~RYT200~

 

RYT200とは、全米ヨガアライアンスが認定する国際的なヨガの指導資格。

資格取得にあたり、ヨガアライアンスの認定校で、200時間のトレーニングプログラムを修了していることが条件。

ヨガインストラクターとして最低限の知識やスキルを学んでゆきます。

さらに300時間のトレーニングプログラム(合計500時間)を修了するとRYT500の資格を取得することができます。

「RYT200トレーニングコース」の200時間のプロブラムが終了すると実技と筆記の試験があり、合格すればRYT200のライセンスを取得することができます。

 

 

RYT200試験 対策1:対面レッスン

 

対面レッスンで右と左がわからなくなる!

 

最初はだれでも、人の前にでて指導するのは緊張して頭が真っ白。

私も対面レッスンで、右なのか左なのか分からなくなることがよくありました。

特にねじり系のポーズでガルーダーサナ(鷹のポーズ)、ゴムカーサナ(牛の顔のポーズ)は、頭がぐちゃぐちゃ。

そんな時に私が考えた対策は、ヘアーゴムを手首にはめる事。

「左手首にゴムをはめた方が、みんなは右」というように自分なりの目印をつけて問題は解消。

女性であれば手首にヘアーゴムをはめているのは不自然ではないし、邪魔にならず目立たない。

是非、お試しあれ!

 

RYT200試験 対策2:呼吸の指示

呼吸の指示を出すタイミングがわからない

 

呼吸の指示は、すべての動作に入れなくてもよいと思います。

「ここぞ!」のタイミングで「吸って」「吐いて」を伝えるだけでも大丈夫。

指示が多いと内観できなくなります。

 

RYT試験 対策3:太陽礼拝

 

太陽礼拝の誘導について

 

太陽礼拝は、自分自身がしっかり体得しないと参加者に対してうまくリードがとれません。

動作にあわせる呼吸も大事!

身体の動きと呼吸の使い方を理解して、しっかり身につければ、誘導する言葉も自然に出てきます。

 

 

RYT200試験 対策4:実技テスト

ーポイント・アドバイスー

 

どんなアーサナを選べばいいの?

アーサナの選択は、テーマや目的、テストのもち時間などを考慮して選択した方がよいですね。

テストの時間については、受講した養成コースのスクールによって様々。

5分~60分間とテスト時間に違いがあるようです。

例えば、5分間くらいの短い時間の場合、左右対象のポーズはあっという間に5分間経過しやすい。

ひとポーズで少し時間が余るなら、ポーズ前後のほぐしや、呼吸法を取り入れて時間調整してみては?(注意:念のため確認を)

説明だけ長くならないように、手短に要点を伝える。

最初の挨拶など含めて5分間なのか否かも確認した方がよいですね。

 

また60分間のテストの場合は、目的やテーマに沿ってシークエンスを考える必要があります。

ベルカーブを意識して時間配分など考慮するとよいと思います。

全体的にバランスよく「前屈」「後屈」「側屈」「ねじり」「バランス」「逆転」が配分されているかなど。

 

 

実技は、テストのもち時間に関係なく、次のことを参考にしてみては…。

  1. 安全にポーズをとるためのポイントや注意点を伝えているか?
  2. 適切なアジャストはできているか?
  3. 参加者全体を観察しているか?
  4. ポーズの目的や効果など伝えているか?
  5. 強度や難度の高いポーズは軽減法を取り入れているか?

 

 

まとめ

最後にひとこと

 

RYT200の実技試験は、受講者全員が合格できるように前提しているようなのでご安心を!

緊張して少々間違えても大丈夫。

教え方は人それぞれ。

いままで学んできたことを自分らしく表現してみては!?

テスト前に、必ず講師からテストの概要について説明があるので、しっかりポイントを押さえておきましょう。

 

最後までお読み頂き ありがとうございます。

 

 

NORIKO